ウマノミCINEMA

リスクからスマートに身を守りたい。ちょっと立ち止まって、安心・安全について考えてみませんか?

ハートを豊かに、人生に彩りを

人生は山あり谷ありです。壁にぶち当たったり、道に迷ったり、気分が落ち込んだり――そんな時にはお気に入りの映画を見てはいかがでしょう。ハートが揺さぶられたり、勇気をもらったり、希望を抱いたりと、思い悩む心を温めてくれる光明が差し込んできます。日経ウーマノミクス・プロジェクトがお届けする「ウマノミCINEMA」では、心を豊かにし、ジブンらしく生きるヒントを与えてくれる映画を紹介していきます。

Topicsトピックス

ウマノミCINEMAのイチオシコンテンツをお届けします。

Eventイベント

日経ウーマノミクス・プロジェクトが応援する映画の試写会イベントや鑑賞券プレゼントをご案内します。

News記事

関連する映画の情報を発信しています。

Reportリポート

試写会イベントの様子やウマノミ会員による映画の感想などをお伝えします。
映画『ノマドランド』にみる自分らしい生き方 ヤマザキ マリさん

2021.3.26インタビュー

映画『ノマドランド』にみる自分らしい生き方 ヤマザキ マリさん

映画『ノマドランド』は、米国社会で増えている「現代のノマド(放浪の民)」と呼ばれる人々の姿を描いた作品です。家を持たずキャンピングカーなどの車で生活し、季節労働の現場を渡り歩く生き方を彼女たちや彼らはなぜ選んだのか――。世界中を旅し、暮らしてきた漫画家・文筆家のヤマザキマリさんにこの映画についてインタビューしました。ノマドたちの生きる姿への共感、新型コロナ禍における本作品の意義や芸術の重要性など多岐にわたる内容を語っていただきました。

男女間のすれ違いを防ぐには ~ 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』より

2020.9.24オンライン

男女間のすれ違いを防ぐには ~ 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』より

日本でも話題になったベストセラー小説が原作の韓国映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を題材にしたトークイベントが9月24日に開かれました。映画が描く現代社会に潜む女性の生きづらさをテーマに、主人公と同じ1982年生まれで一児の母である知花くららさん、共働きで2人の子どもがいる早稲田大学大学院の入山章栄教授、日本経済新聞女性面の中村奈都子編集長の3人が、夫婦や恋人などの男女間にすれ違いはなぜ起きるのか、多様性ある社会に飛び込んでみる体験のススメなど、興味深い話を繰り広げました。

海外女性監督が短編映画に込めた思い ~ ウマノミ会員が作品レビュー

2020.9.14オンライン

海外女性監督が短編映画に込めた思い ~ ウマノミ会員が作品レビュー

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2020」の開幕に先立ち、日経ウーマノミクス・プロジェクトでは映画祭上映作品の一部を先行鑑賞できるオンライン試写会を開催しました。映画界で活躍する女性を応援する「Ladies for Cinema Project」の上映6作品のうち3作品を試写会上映。いずれも海外の女性監督の強いメッセージが込められています。作品を鑑賞したウーマノミクスの会員からは、自らの体験を重ね合わせての感慨など、心のこもった感想が多く寄せられました。

STAY HOME はショートフィルムで ~ 多彩な作品、ココロうるおす

2020.6.8オンライン

STAY HOME はショートフィルムで ~ 多彩な作品、ココロうるおす

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言下にあった5月、日経ウーマノミクス・プロジェクトのパートナーであるSHORTSHORTSの「ブリリア ショートショートシアター オンライン」が、世界各地のショートフィルム作品を毎日1本、日替わりで無料配信しました。外出自粛でステイホームが続く生活に彩りを与えようという取り組みで、多彩な作品群は見る人に様々な思いを抱かせたようです。「ショートフィルムを初めて見たが、新鮮でとってもいい」「元気をもらいました」といった感想が日経ウーマノミクスの会員から届きました。

映画『ジョジョ・ラビット』 ~ 笑って泣いて「愛は最強」を知る

2020.1.7東京

映画『ジョジョ・ラビット』 ~ 笑って泣いて「愛は最強」を知る

カナダ・トロント国際映画祭の観客賞(最高賞)を受賞し、第92回米アカデミー賞の作品賞など6部門にノミネートされた米映画『ジョジョ・ラビット』(1月17日全国公開、配給ウォルト・ディズニー・ジャパン)の特別試写会&トークイベントが1月7日、日経ホール(東京・大手町)で開かれました。ナチスドイツの不条理を少年の目を通して描いた物語で、戦争映画でありながらユーモアと感動にあふれ、愛の力、心の自由、生きる喜び、戦争の残酷さなど多くを考えさせられます。映画鑑賞後にトークイベントに登壇した女優サヘル・ローズさんは「予想をはるかに超える大傑作。笑って笑って泣いて泣いた」と絶賛。試写会に参加した日経ウーマノミクスの会員からも「今までの映画で一番泣きました」「強い愛を築きたいと思いました」「パワーをもらいました」「もう一度見たい」といった感想が相次ぎました。

権力を握った女性3人の愛憎劇~映画『女王陛下のお気に入り』試写会

2019.2.6東京

権力を握った女性3人の愛憎劇~映画『女王陛下のお気に入り』試写会

18世紀初めの英国王室を舞台にした映画『女王陛下のお気に入り』(2月15日全国公開、配給:20世紀フォックス映画)の特別試写会が2月6日、日経ホール(東京・大手町)で開かれました。権力の中枢にいる実在した3人の女性が繰り広げる愛憎劇。今年のアカデミー賞では最多タイの9部門10ノミネートの注目作品です。試写会を鑑賞した日経ウーマノミクスの会員からは「すごい映画」「しばらく忘れることのできない作品」との声が寄せられました。

働き女子が「勇気をもらった!」 映画『ドリーム』会員向け試写会

2017.9.14東京

働き女子が「勇気をもらった!」 映画『ドリーム』会員向け試写会

1960年代の米国の宇宙開発を陰で支えた3人の黒人女性の実話を描いた映画『ドリーム』(9月29日全国公開、配給:20世紀フォックス映画)の日経ウーマノミクス会員向け特別試写会が9月14日、都内で開かれました。応募総数420名超から当選した約40名が2時間7分の作品を鑑賞。映画を見て何を感じ、何を思ったのか――働く女性や管理職の男性などそれぞれの立場から感想をいただきました。

  • ウマノミロゴ

会員登録すると、イベントや交流会への参加、メールマガジン購読などご利用いただけます。