日経ウーマノミクスプロジェクト

menu

ジブ研セミナーリポート テーマ:働く女子のお悩み最前線~みんなの悩みごと・解決策を知ろう!~

働く女性の5大悩みを解決する方法

働く女性が抱える5つの大きな悩みといえば「健康&美容」「キャリア」「お金」「恋愛・結婚」そして「モヤモヤ不安」といわれます。何かよい解決法はあるのでしょうか。日経ウーマノミクス・プロジェクト実行委員会は4月28日、西武池袋本店(東京・豊島)で「働く女子のお悩み最前線~みんなの悩みごと・解決策を知ろう!~」と題して、5大悩みの解を紹介する「ウマノミゼミナール特別編ジブンらしさ研究セミナー」を開催しました。講師は働く女性の事情に詳しい日本経済新聞社の佐藤珠希・女性面編集長です。

人生100年の時代の働き方とは?

「日経マネー」編集部、「日経ウーマン」編集長を経験し、日常的に多くの働く女性たちと接している佐藤編集長。「働く女性が増え、悩みはつきない時代です」と話し始めました。

まず、取り上げたのが健康&美容。働く女性たちを悩ませているのは「勤続疲労」だと指摘します。働き続けることで心身が疲労し、ホルモンバランスが乱れるといったことを引き起こします。これを軽減するには、小さな不調を見逃さず、1週間単位で食事や睡眠の管理をしたり、1人でできるストレス解消スイッチを見つけたり、運動習慣を持つことが大切だということです。

次にキャリアです。大切なのは「ストックよりフロー」。人生100年の時代、同じ仕事をし続けるより、変化に対応できる働き方をするため社内外に人脈を作ったり、どの場所でも使えるスキルの幅を広げたりすることが重要と強調します。キャリアプランを立ててそれを守ることだけに注力するのでは硬直的になってしまいます。まずは今の仕事をしっかりやりながらも目の前にチャンスが来たらすぐ飛び乗る「柔軟性」や、想定外を受け入れる「キャリアドリフト」力が必要になります。仕事とプライベートを行き来しながら、生産性の高い働き方と生活の質の両方を高める「ワークライフインテグレーション」という考え方も紹介しました。

スキルアップはやって損なし!

お金の面では、老後資金が不安、貯金が少ない、収入が増えないという3つの問題について解決策が示されました。老後資金に関していうと、必要な資金を計算して戦略を立てることで不安が減るといいます。貯金を増やすには、天引きで簡単に引き出せない積立貯蓄をするべしとのこと。収入を増やすには、昇進する、資格をとって給与を上げる、給与水準が高い業界へ転職するなどの方法があるとしています。スキルアップはキャリアにもお金にもとても重要。「やって損はないです」(佐藤編集長)。

大きく変わってきたとされる「恋愛・結婚観」はどうでしょうか。佐藤さんは結婚してもしなくても、「おひとりさま」への備えが全員に必要と力を込めます。ひとりで生きていける力を持つことは、自分の人生を豊かにする支えにも、なにかに挑戦する支えにもなります。備えとは健康な心と体、働き続けられるスキル、安心を感じられる貯蓄、人的セーフティーネットとのことです。

最後に働く女性がなぜか感じてしまう「モヤモヤ不安」にも言及しました。不安解消の3ステップとして、まず悩みをメモなどで見える化して分析します。次にできることを書き出します。ここで大事なのは自分ができることを書くことです。他人と未来は変えられません。そして、書き上げたことを行動に移します。小さな安心を積み上げるには行動あるのみ、自分に小さな安心感を与えてあげることが大切ですと佐藤編集長。人の悩みや解決法を知るためにも、ジブンらしさ研究所の「お悩みルーム」(http://nwp.nikkei.com/jibun/problem/)をのぞいてみてください、と締めくくりました。

セミナー後は、仕事で直面している悩みを率直に相談する質疑応答タイムです。参加者からは「ワークライフインテグレーションという言葉を知って、いいなと思いました」(30代会社員)、「広くどこの会社にも組織にも必要とされる人材になることの大切さにハッとしました。会社の若い人たちへも伝えたいと思います」(40代会社員)といった声が聞かれました。働く女性の誰もが持つ悩みの解決法を知ることができ、参加されたみなさんは、これからの仕事への向き合い方に変化があるのではないでしょうか。

受付中のアンケートはこちら 最新のお悩みルームはこちら

pagetop