イベントリポート

女性ゴルファー250人の熱き戦い
~Regina Open 2017

コースが女性一色に染まる――。7月28日、千葉県市原市の南総カントリークラブで開かれたゴルフイベント「Regina Open 2017 Presented by MARCO BICEGO」(主催:Regina=グローバル ゴルフ メディア グループ、企画協力:日経ウーマノミクス・プロジェクト)には、初心者から腕に自身のある方まで約250人の女性ゴルファーが集まりました。レベルを問わず楽しめるダブルペリア、ガチ勝負のスクラッチなど4部門を用意した今大会。優勝を、ベストスコアを目指したプレーヤーが夏空の下、スコアを競いました。

ドレスコードはSummer Blue(夏らしい青)

rejinaentrance_959x388.png
クラブハウスに入るとフラッシュタトゥー(左)や耳つぼジュエリーのコーナーが

Regina Openは毎年テーマを決めた演出でも注目されています。今年は「GOLF ON THE BEACH」と題し、ゴルフ場を真夏のビーチに見立てました。会場入り口はシールタイプの「フラッシュタトゥー」をあしらうブースや、耳つぼジュエリー、マッサージのコーナーがあり、ラウンド前のプレーヤーが列を作ります。一足早く秋冬ウエアなども展示され、華やかさ満点。皆さんドレスコードにそって、海や空を連想させる「Summer Blue(夏らしい青)」を身につけています。イベントのひとつとして「ベストドレッサー賞」も用意されており、参加者の投票で選ばれたファッションリーダーには賞品が贈られます。

regina_7808_959x435.jpg

青を取り入れたファッションで集合

黄色のサンバイザー、青のウエアで友人とそろえた千葉県在住の会社員(41)はリラックスした雰囲気です。「普段のスコアは100を切るぐらい。できれば優勝したいですね」。「あまり練習せずに、コースばかり出ています。目指すスコアは95かな」と初参加という36歳の会社員はほほ笑みました。

初心者向けの講習も用意

集合写真の撮影が終わると、いよいよ競技開始。スコアを競う3部門の出場者は次々とスタートホールに向かっていきます。2人1組で力を合わせて戦う「ペアスクランブル」に挑んだゴルフサークル仲間の2人は「狙うは優勝だけです」と力強いコメント。スイングをチェック、狙いどころを定めて打った第1打はまっすぐに飛んでいきました。

rejinashot&green_959x418.png

「ナイスショット」「おしい」。声が響く

次々とプレーヤーがコースに飛び出していきます。「あ~」「ナイスパー」。各ホールでは悲喜こもごもの声が響きます。一方、クラブハウスの2階では初心者の方を対象にした「デビュー部門」の参加者がゴルフの基礎知識についての講義を受けていました。

クラブを握ってまだ日の浅い女性を対象にしており、座学のあとはスイング、アプローチ、パターの練習です。プロゴルファーのコーチ陣に構え方、腕の振り方などを丁寧に教えてもらい、ランチ後には実際にコースを体験しました。

rejinabeginner_959x346.png

初心者は講習(左)やアプローチのレッスンなどで汗を流した

ラウンドが終われば表彰式とパーティー。成績優秀者には様々な賞品が贈呈されました。スコアがよかった方も、調子がよくなかった方も今日一日を振り返りながらの談笑。共通の趣味があれば、初対面でも打ち解けるまでに時間はそれほどかかりません。

華麗に、力強く。現代女性の一面をみた一日でした。

会員登録すると、イベントや交流会への参加、メールマガジン購読などご利用いただけます。